ABOUT 阿智ワールドチャレンジについて

「日本一の星空の村」
長野県阿智村
「世界一の星空の村」へ

長野県阿智村(村長:熊谷秀樹)は、2012年7月5日に全村上げた星の村づくりに取り組む組織「スタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長:熊谷秀樹(阿智村長))を設立し、環境省の実施する全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)に認定された阿智村の星空をテーマに地域活性、観光活性を行ってきました。富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはらで行われる「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」、「天空の楽園 雲海Harbor」、「天空の楽Winter Night Tour」、2018年7月にオープンした「日本一の星空浪合パーク」など、星空を見上げるイベント、場所づくり、星空を見上げるオリジナルグッズの販売、星の婚姻届の作成、星のナンバープレートの交付、星空が見える環境活動など日本一の星空の村として取り組んできました。

取り組みを多くの方に知っていただき、阿智村の知名度も向上し、2018年度には星空関連イベントの累計来場者数が50万人を超え、国内外から多くのお客様におこし頂ける村となりました。

そこで、2019年度より「世界一の星空の村」となるべく取り組みをスタートします。


【取組事項】

1.村内の星空関連イベントの参加者数 累計100万人突破

天空の楽園 日本一の星空ナイトツアーをはじめとする星空関連イベントの参加者累計が、現在592,744名となっており、2020年度に100万人突破を目指して、イベント内容や施設の充実を図っていきます。

2.世界一星空を楽しめる村づくり

美しい星空が観られる自然環境の保全への取り組みに加え、阿智村らしく星空を楽しめる環境づくりとして、新たなイベントの開催、施設の充実を図り、住む人も訪れる人も星空を楽しめる村づくりに取り組んでいきます。

3.星空観察に関する様々な世界記録にチャレンジ

2019年度から、星空に関する様々な世界記録にチャレンジします。


「世界一の星空の村」づくりに向け、全村で取り組む新体制

阿智ワールドチャレンジプロジェクト

【プロジェクトメンバー】

リーダー:阿智村長 熊谷秀樹
メンバー:阿智村、阿智村教育委員会、スタービレッジ阿智誘客促進協議会、
阿智☆昼神観光局、昼神温泉旅館経営者会、阿智村商工会、
阿智村自治会連絡協議会、阿智村中央公民館
特別協力:㈱JTB、㈱ビクセン、ジェイ・マウンテンズ・セントラル株式会社(ヘブンスそのはら)

  • 天空の楽園Night Tour
  • 浪合パーク
  • ACHI BASE
  • 阿智昼神観光局